3763 プロシップ 偏差値No.1!

このページでは3763プロシップの詳細分析を記載します.

事業としては会計パッケージがメイン,特に固定資産管理,リース資産の管理などに強みがあります(四季報より).

私が保有している株の中では申し分ない高指標のネットネット株です(下図参照).

優れている点:配当割合,配当性向,ROE,自己資本率,現金比率,役員(社長)保有率

劣っている点:PER,PBR,東証1部であるため昇格による株価上昇が見込めない

 

下図は保有株の偏差値です.PERとPBRが50を下回るものの平均偏差値は保有株の中ではNo.1の順位です.

 

その他の特徴としては会計パッケージソフトを提供していることからAI関連と個人的に考えています.また,自社株買い記念配当も多いことから株主を大事に考えている会社と言えると思います(下図の短信決算参照).プロシップ社長は全体の37%の株を保有しており,個人株主とWin-Winの関係と言えます.

 

チャートもリーマンショック後は右肩上がりの推移(下図のチャート参照).但し,それ以前に感触的には右肩下がりになっています.その理由が調査出来ていないため今後調べていきます.

過去の反省点として私が株を始めた時に初めて買った株の1つですが記念配当を受け急騰.喜びすぐに売ったもののその後のチャートは右肩上がり.半年ほど前に買い直しましたが長期投資の大切さが学べた株でもあります(ウォーレンバフェットも同じことを言っています).

今回の分析はここまでです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です