投資信託 ゴールドマン・サックス ビッグデータ・ストラテジー

このページでは投資信託 ゴールドマン・サックス ビッグデータ・ストラテジーの詳細分析を記載します.

運用方針は 日本を除く先進国の株式を主な投資対象とし,ビッグデータやAI(人口知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い,多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資(投資信託説明書より).

投資信託の設定日は2017/12/19であり始まったばかりの投資信託です.

信託報酬は1.3284%とインデックスと比べると高めの設定です.

 

下記情報より今後,爆発的に伸びていく投資信託と考えています.

1.ゴールドマン・サックスのニューヨーク本社では2000年に600人ものトレーダーが株式売買していたそうですが,2017年時点でCFO(最高財務責任者)によると本社に残っているトレーダーはわずか2人だそうです.日々のトレードはAIが実施しているとのこと.

2.三菱UFJ平野信行社長は2017年9月に「事務作業の自動化やデジタル化によって9500人相当の労働力を削減する」と発言.この発言からAIを積極的に導入していくものと思われます.

3.将棋,囲碁,チェスなどでAIがプロを負かす事例がある.

4.Make Girls Moeというサイトで二次元キャラが自動生成できてしまう.

5.私自身がAI・ビッグデータに関わることがあり,特定の分野においては人間を超えると思っている.

 

今後,AI・ビッグデータに関する追加情報が得られたら情報を更新していきます.

今回の分析はここまでです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です