3504 丸八HD 偏差値No.2!

このページでは3504丸八HDの詳細分析を記載します.

事業としては 寝具の製造販売大手.08年に持株会社。主力は寝具の訪問販売.ホテル・旅館の業務用も強い(四季報より).

私が保有している保有日本株の中での平均偏差値はNo.2です.

また,日頃から参考にさせていただいている株1000さんの保有株でもあります.

優れている点:ROE&役員保有率以外の指標全て,名証2部であるため昇格による株価上昇が見込める

劣っている点:ROE

下図は保有株の偏差値です.冒頭にも記載した通り保有日本株の中での平均偏差値はNo.2です.

自社株買いといった報告はありません(下図の短信決算参照).但し,公式HP上には「当社は,株主への還元を第一として,配当原資確保のための収益力を強化し,継続的かつ安定的な配当を行うことを基本方針としております.」と明言されていることから株主重視の会社と言えます.

名証2部上場後は増配はありませんが安定した配当実績があります(下図参照).また,株価に対する配当割合は3.2%と高水準です.

チャートは過去3年分のため長期判断としては情報不足です.但し,PBR0.3のバリュー株であることから投資家の注目が集まれば株価が急騰する可能性を秘めていると考えています.

4年間の業績は全て黒字です(下図参照).年々の業績が明確に右肩上がりとなれば投資家の注目ももっと集まると考えています.

今回の分析はここまでです.

CRWS クラウン・クラフツ 米国株の偏差値No.1!

このページでは米国株CRWSクラウン・クラフツの詳細分析を記載します.

特色としては米国の乳・幼児向け製品メーカー.主要製品はベビーベッド,幼児寝具,毛布,子供部屋用家具,よだれ拭き,フード付きバスタオルや浴用タオル,フロアマット,便座カバーなど.主に量販店,小売店,ドラッグストアなどで販売され,カタログやオンラインでも提供.本社はルイジアナ州(Yahoo!ファイナンスより).

私が保有している米国株の中では各指標の平均偏差値が最も高いです(下図参照).

優れている点:ROE以外の指標全て,特に配当割合が5%!

劣っている点:ROE(但し,14.1%のため日本株と比べると高水準),会社情報が非常に得にくい

 

下図は保有株の偏差値です.ROE以外は米国保有株の中の偏差値はかなり高いです.米国株の中から探し出したバリュー株ですので,その他の大型株と比べると必然的に高偏差値となっています.

 

株価チャートとしては2008年リーマンショック後は山谷はあるものの右肩上がり.但し,2015年後半から急落しています.

 

Yahoo!ファイナンスより業績を確認すると2016年から2017年で各利益が落ち込んでいます.これが一因と考えていますが他にも理由はありそうです.

 

Yahoo!ファイナンス掲示板にも投稿がなく非常に情報が掴みづらいです.但し,各指標は非常に優秀なので長期投資銘柄と考えています.

今回の分析はここまでです.

3763 プロシップ 偏差値No.1!

このページでは3763プロシップの詳細分析を記載します.

事業としては会計パッケージがメイン,特に固定資産管理,リース資産の管理などに強みがあります(四季報より).

私が保有している株の中では申し分ない高指標のネットネット株です(下図参照).

優れている点:配当割合,配当性向,ROE,自己資本率,現金比率,役員(社長)保有率

劣っている点:PER,PBR,東証1部であるため昇格による株価上昇が見込めない

 

下図は保有株の偏差値です.PERとPBRが50を下回るものの平均偏差値は保有株の中ではNo.1の順位です.

 

その他の特徴としては会計パッケージソフトを提供していることからAI関連と個人的に考えています.また,自社株買い記念配当も多いことから株主を大事に考えている会社と言えると思います(下図の短信決算参照).プロシップ社長は全体の37%の株を保有しており,個人株主とWin-Winの関係と言えます.

 

チャートもリーマンショック後は右肩上がりの推移(下図のチャート参照).但し,それ以前に感触的には右肩下がりになっています.その理由が調査出来ていないため今後調べていきます.

過去の反省点として私が株を始めた時に初めて買った株の1つですが記念配当を受け急騰.喜びすぐに売ったもののその後のチャートは右肩上がり.半年ほど前に買い直しましたが長期投資の大切さが学べた株でもあります(ウォーレンバフェットも同じことを言っています).

今回の分析はここまでです.